オムツパッケージを見せて自分で選ばせてみること

1歳半になる娘が、最近おむつ替えをする時におむつを脱がせるとそのまま走って逃げてしまうようになりました。

 

そのままオムツを履かずにいておもらししてしまうこともあり、とても困っていたので、何か対策がないか家族に相談したところ、好きなキャラクターのオムツにしたらどうかと提案されました。

 

娘には生まれてから同じメーカーのオムツを使用していました。

 

思い入れがあるわけではありませんでしたが、使用感に問題がないようだったので何となくずっと使い続けていました。

オムツ

最近はドラッグストアなどのオムツ売り場に行くと、娘の好きなキャラクターのオムツパッケージの製品があると、娘が指さしたりしていましたが、買い替えると言う発想が全くありませんでした。

 

娘が気に入ったオムツパッケージの物にすればもしかして履いてくれるのではないか?とやっと気が付き、思い切ってメーカーを変えてみることにしました。

 

まず、ドラッグストアに行き、娘自身に度のオムツがいい聞いてみると、好きなキャラクターのオムツを一生懸命指差ししながら名前を呼んでいました。

 

これが欲しいといつも言っていたんだと思うと、赤ちゃん扱いして相手にしていなかったことに少し反省してしまいました。

 

肌に合わないといけないと思い、1袋だけ購入して、家に帰ってすぐにオムツ交換をしてみました。

 

初めは、いつも通りお尻丸出しで走って行ってしまいましたが、「〇〇のオムツだよ!」と声掛けをした所、走って戻ってきて、嬉しそうにキャラクターを眺めていました。

 

そして、なんと自分から足を通して履こうとしはじめたのです。

 

今までそんなことは一度だってありませんでした。

 

小さくても女の子、自分の身に着けるものは自分で選びたいと言う自我が少しずつ出てきていたのでしょうか。

 

初めてだったので、上手く一人では履けませんでしたが、手伝ってあげると嬉しそうにオムツを履いてくれました。

 

オムツパッケージを見せて、その子自身のお気に入りを選ばせてあげるのは自立心を育むことにも効果がありそうです。