オムツの選び方。子供が喜んで履くオムツデザイン

オムツの選び方って色々あると思います。

 

産まれてから新生児期、一歳くらいまでは色々と試してみてオムツ難民になっていたこともあります。

 

小さいうちは、ウンチやオシッコが漏れないことやオムツ被れなどの皮膚トラブルがないものを優先して選んでいましたが、一歳を過ぎた頃には身体つきもしっかりしてきてどのオムツでもサイズ的には問題ない。

 

皮膚も強くなってオムツ被れも無くなってきました。

 

そこで、オムツ選びのポイントになってきたのが、「オムツデザイン」です。

 

一歳も過ぎると、子供によって自分の好きなキャラクターやデザインが出てきます。

 

また、オムツ替えの時間になるとイヤイヤと逃げ回ったりする子も。

 

そんな時にその子の楽しんで着られるオムツデザインを選ぶと、子供は喜んでそのオムツを履くようになるんです。

 

うちの場合は、最初の方はオムツ被れが酷くてメリーズだと被れが軽減したのでメリーズを使っていたのですが、子供が一歳近くになったときに、いないいないばぁというNHKの番組にハマっていたときには、グーンというエリエールの商品に変えました。

オムツモデル

その頃は、ウンチなどを変えるときにあちこち動き回ろうとするのが悩みでした。

 

でも、オムツデザインを変えると、お尻を拭いている間に1枚オムツを持ってもらいオムツにデザインされているウータンやワンワンというキャラクターを指差しながらニコニコでオムツを替えられるようになりました。

 

そして、時が経ち2歳くらいになると今度はウンチやオシッコをしても遊びに夢中で替えたからずにこちらが?まえようとしても逃げ回るという悩みがで出来ました。

 

でも、そのときにアンパンマンにハマっていたので、ネピアのゲンキというオムツを購入するとオムツ替えを積極的にし始めました。

 

オムツにはアンパンマンやメロンパンマンドキンちゃんなど色々なキャラクターがそれぞれデザインされているので自分でその中のキャラクターを選ばせると喜んでそれを履きだしました

 

このように、オムツの性能だけでなくオムツデザインで子供の気持ちにアプローチしてオムツ替えを楽しくすることが可能です。